家庭や企業のオフィスビルでも、太陽光発電は導入するメリットがあります

ソーラーパネルは個人や中小企業でも設置しやすい

クリーンエネルギーの多くが大企業や自治体といった、広々とした土地と潤沢な資金を持つ組織向けです。水力発電所を個人で所有する事は困難であり、また地方の中小企業が地熱発電を大規模に展開するのも現実的には難しいでしょう。クリーンエネルギーの中でも、太陽光発電は良い意味で例外的な存在です。太陽光発電システムは個人や一般的な中小企業でも充分、導入出来る自然エネルギーとなりました。実際に街中でも、ソーラーパネルが設置された風景が広がってきました。

他の自然エネルギーに比べて導入に掛かる費用が安く、また広大な土地が不要なのが太陽光発電の利点です。個人の屋根や庭先といった比較的僅かなスペースでもパネルは設置出来ます。オフィスビルの屋上や工場の一角、空き地となったデッドスペースなどを活用して、自家発電が低コストで始められます。もちろん自家発電で得た電気は、家庭や会社内の設備で普通に利用可能です。安定した発電量を得られれば、月々の光熱費が大幅に抑えられます。

自然災害が頻繁に発生する昨今、非常用電源は重要です

日本列島は元々、大規模な自然災害が数多く発生する、世界的にも稀な地域です。それにしても昨今はその規模と頻度が増大しており、巨大台風や巨大地震のリスクが上がっています。天災に見舞われると街全体が停電する事も多く、非常用電源の確保が重要です。家庭やオフィスにソーラーパネルを設置しておけば、街が停電しても自宅や自社だけは普通に電気が使えます。ソーラーパネルで蓄電した電力は、専用のバッテリに貯めておけますので、災害対策の一環として太陽光発電を導入するのも良い戦略でしょう。

近年、太陽光発電の価格が安くなっています。原因は、工事技術の向上によるコスト削減や発電システムの低価格化です。一般家庭が、導入する敷居も低くなっています。