電気製品を自作しよう!でも、どんな物が自作できるの?

パソコンは自作ができる!

文書作成や表計算、メールのやりとりや通販まで様々な場面で必要になるパソコンですが自作することが可能です。パーツやケースはパソコンの専門店で販売されておりこれらのパーツを組み合わせることでパソコンを自作できます。ただ、用途や設置するスペースを考えてパソコンを組む必要があります。音楽編集や動画を制作したいのならより性能の良いパーツを必要としますし、文書作成や簡単な計算をさせるだけであれば性能はそこまで要求されることは無いでしょう。パソコンを組む前にどんな用途で使用するかを考えてそれに合わせたパーツをチョイスする必要があります。また、後ほどパーツを換装することを踏まえて組むというのも一つの方法ではあります。特にパソコンは常に新しい商品が登場し、品質もどんどん向上しています。数年前までは最新だったはずが今ではすっかり古くなってしまったということも十分ありえるので、新しいものへ対応させる対策も大事です。

子供でもできる電気製品の自作

電気製品と聞くと電子レンジやテレビのような大掛かりなものを想像してしまうかもしれませんが、もっと手軽な電気製品があります。例えばラジオです。消費電力が小さく手軽に聞くことができるラジオですが、パーツを揃えれば自作することが可能です。中にはキットとして販売されており簡単なはんだ付け作業などを経て制作することができます。制作自体はさほど難しくないので子供の自由研究のテーマとして使用するのも良いでしょう。

プリント基板設計とは、ほかの回路と相互に接続したり、部品を配置したり、機能・電気などを考慮して回路図を作成することです。