現在の生活で欠かせない通販を支えるEC物流の基礎知識

インターネットを介した通販の物流とは

EC物流とはエレクトロニックコンファレンスという略で、その意味は電子商取引に伴う物的流通と通販用語で規定されています。電子商取引というのは、現在各過程に張り巡らされているインターネットを介してほしい商品を注文します。そうするとほしい商品の情報が相手に時間差無く伝わるので、購入者を間違えることなく相手に商品を送り届けることが出来るのがメリットです。このEC物流が主流になりつつある理由としては、やはり物流コストが低くなることが挙げられます。これまでの物流は商品を開発した企業が契約した物流業者に商品を送って、今度はその物流業者が契約している企業に送るという形を取るのです。その際にどうしても商品の輸送を行なわなければならないため、商品がお店の店頭に並ぶまでに商品の値段に加える輸送費が高く付いてしまいます。その点EC物流を利用すると、開発企業がEC物流企業に送るときに一回だけですむので商品コストを下げられることになるのです。

EC物流は販売網拡充にも使われる

商品取引として使われているEC物流ですが、現在では企業の商品取引の橋渡しの役割も担っています。企業にとって売れている商品を拡充して利益を上げたいのは誰しも思うことですが、ただ拡充したいと思っていても輸送ルートを確立していないと相手に商品が届かず物流が滞ってしまのです。そこでEC物流専門企業が役に立ち、これはネット注文した商品を購入者に届けるために独自の輸送ルートを構築しています。そのためEC物流企業と契約することによって、最初から輸送ルートを開発することなく契約して相手に届けるだけで販売ルートを広げることに役に立ちます。

EC物流のECは、インターネット等を活用して行われる、商品やサービスの商取引の事です。それを在庫管理や発送するシステムです。