これさえ知っておけばすぐに始められる自営業の開業と注意点

事前の準備と開業までの流れ

自営業とは文字通り自身がお店を経営する仕事の形のことを言います。自営業は税務署に開業届けを提出することが最低条件で、この手続きを行えば仕事を始めることが可能です。とはいえ、一口に自営業と言っても仕事の選択肢によっては他に必要となる準備がいくつかあるので注意が必要です。

もし顧客と直接やり取りをするお店の経営を考えている人は、まず最初に集客率や家賃の支払いを考慮しながら最適な立地を見つける作業を行わなくてはいけません。飲食店などの場合、調理に関わる資格の取得や衛生に関わる保健所の許可の取得も忘れてはいけない準備の一つです。

自営業を行う上で得られるメリット

自営業を行う最も大きなメリットとなるのが職業選択の自由です。一般的な会社勤めとは異なり自分がオーナーとなる自営業には仕事の選択に制限はありません。そのため、楽しく仕事ができるように自分のやりたいことを事業にするといった選択もできます。

自分の能力や技術がそのまま収入として戻ってくるのも自営業ならではの特徴で、頑張り次第では高収入を手にすることができるのもメリットの一つです。

仕事を続けていく中での注意点

仕事の選択の自由さなど、自営業にはメリットが多くある反面、注意しなくてはいけない点もいくつかあります。その一つが社会的保証がない点で、病気や怪我など何らかの原因で仕事ができなくなってしまった場合に収入が途切れてしまうことがあるので注意が必要です。そのほかにも、会社勤めの人に比べて社会的な信用という点で若干劣るのは否めません。そのため、物件の購入などでローンを組む時の審査が通りにくい部分もデメリットと言えます。

フランチャイズには小売から飲食、サービス業まで様々なタイプがあります。いずれも未経験からでも行う事が出来るものがほとんどなので、異業種からの挑戦でも安心です。