どの検査が重要?適性検査3選を徹底調査!

一般能力や常識があるかどうか?能力適性

学生の頃に嫌というほどやってきたテスト。それと同様に行うのが、この能力適性です。これを行うことによって、国語・数学・英語などの知識が衰えていないか、また、どの程度のものか、現状の能力がわかります。方法としては、市販のテスト用紙や会社独自のものを使ってのテストになります。

この適性検査は、現代の会社の人事において、とても重宝されています。このテストの結果により、部署が決まったりすることが多いとされているのです。

どんな職務があっているか?性格適性

この検査では、個人がどのような性格かが判断できます。これによって、仕事中のあらゆる作業に対しての、向き不向きを知ることができます。方法は会社側があらかじめ用意した複数の質問に答えてもらい、その答えによって、チームワークが得意かどうか、どの作業を得意とするか、ストレスに対する耐性はどのくらいあるか、などの個人の性格・合う職務を分析することができます。

現代の会社の体制からは、この適性検査はあまり重要視されていません。「適材適所」という言葉のとおり、能力によって部署や仕事が振り分けられてきたためです。しかし、こういった考え方も、少しずつ変化しています。

先が読める?興味・指向適性

この適性検査は、性格適性に似ていますが、性格適性よりも、詳しく・将来的な面に対しての適性検査と言えます。つまり、性格適性が、「現在の」向き不向きがわかるとすれば、この検査では、その職務をしているときに考えられる「将来的な」行動や考え方の判断ができるというものです。たとえば、経理の仕事を任された人が、将来的に会社のお金を持ち逃げする可能性はないかどうか、といった内容などがわかるのです。

企業と応募者の、適性検査を行って相性を診断します。そうする事で社風に合って活躍できるか、定着の可能性が高いか分かります。