事業者なら押さえたい!青色申告と白色申告の特徴について

青色申告と白色申告って?

確定申告の時期になると耳にする「青色申告」と「白色申告」。似たような名前ですが、一体何が違うのでしょうか?事業をする上で欠かすことのできない、青色申告と白色申告の違いについて解説します。

青色申告の特徴について

青色申告とは、事業をしている人が行う確定申告の1つです。青色申告をする場合は、税務署に事前に申請をしなければならないので気をつけましょう。青色申告の特徴は、複式簿記によって記載された帳簿に基づき、申告をする点です。複式簿記で帳簿をつけるには、簿記の知識が必要です。よって、帳簿や書類の作成に少し手間がかかります。しかしその分メリットもあり、青色申告特別控除で最大65万円の控除を受けることができます。

白色申告の特徴について

白色申告も事業を行っている人が行う確定申告の1つです。白色申告は事前申請の必要がなく、確定申告の時期にそのまま申告します。単式簿記で記載された帳簿に基づき申告をするため、簿記の知識がなくてもできます。なお、白色申告の特別控除額は10万円です。

青色申告と白色申告はどちらがいいの?

実際どちらの申告をするかについては、それぞれのメリットやデメリットを比べたうえで決める必要があるでしょう。帳簿の記載や申告書類の作成は白色申告の方が簡単ですが、控除額は青色申告の方が大きいため、納税額を抑えることができます。書類の手間と税額の差を考えながら、どちらの申告が適しているか考えることが大切です。また、事業当初は白色申告をして慣れてきたら青色申告に切り替えたり、青色申告用のソフトを使って手間を減らすなど、いろいろな方法がありますので、よく検討してしっかり申告をしましょう。

確定申告の際に、複式簿記等の方法で記帳する申告制度のことをいいます。この申告をできる人は、事前に「開業届」と「青色申告承認申請書」を、税務署に提出している人です。